最新情報
連載
    2021年2月26日 「知りタイ! 教えて! タイBL」Vol.31

     

     もし、親友を好きになってしまったら、想いは伝えますか?
     親友は、自分のことを好きじゃないのは分かっている。好きにならないのもわかっている。それでも、止められず、溢れるこの想い…。でも、この想いを伝えたのなら、この関係は壊れてしまうかもしれない――。

     そんな永遠の難題を描いたのが、「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」。“OffGun”こと、OffとGunが片想いの切なさを、視線で、指先で、身体中で伝えてくれるこの作品は、切なくて、苦しくて、とても愛おしい名作なのです。

    左:サード(Gun) 右:カイ(Off)

     今作は、芸術専攻の大学生で脚本・監督を担当するThird(サード)、音声担当のKhai(カイ)、カメラ担当のTwo(トゥー)、編集担当のBone(ボーン)という仲が良い4人組を中心に話が進んでいきます。4人ともビジュアルが良いために周りからは「花より男子」のF4のようにもてはやされ、なかでも女の子が大好きなKhaiは彼女をとっかえひっかえ。Thirdも女の子からモテるものの、すべてをそっけなく断り…。その理由は1つ。Thirdは、親友であるKhaiをずっと想い続けているのです。しかも、それを誰にも話すことなく、ただ胸に秘めていて――。

     そんなThirdの想いに気づかないKhaiは、鈍感にもほどがあり、Thirdの気持ちを踏みにじるような発言や行動を連発。一緒に住んでいる部屋に女の子を連れこんだり、Thirdが待ち望んでいた一緒に映画を観る約束をドタキャンしたり…。

     しかし、どんなにひどいことをされても、好きになってしまったThirdは、Khaiへの想いを消すことができず、溢れる涙を気づかれないようにシャワーを浴び、涙も一緒に流すのです…。

     前半は、Khaiに対して許せないほどの感情が湧き、「なんで!? こんな男のどこがいいの!?」とわめき散らかしたくなりますが、物語はいつしかKhai目線へ。彼の目に映るThirdを見ていくうちに、すれ違う心情が繊細に描かれ、いつしかKhaiのことを応援したくなるのです。いや、ホントよくできた脚本だよ!

     そして注目なのが、この2人を支えるBoneとTwoの存在。親友だからこそ、2人の気持ちを察しながら、アシストしていく姿に「こんな友達欲しかった!」と思うこと間違いなし。さらに、Boneはアルバイト先で出会った女性への片想いや、女たらしだったTwoが本当の恋に出会うまでも描かれているので、そこも注目ですよ。

    左から:トゥーとボーン

     この4人が映画制作に関わっているという設定だからこそ、ドラマでは様々な映画がモチーフになっているシーンも。Thirdの勇気を振り絞った告白シーンや、映画ファンなら「おっ」と思う台詞などが出てくるので、それも一緒に楽しめるのも素敵なところ。撮影の色合いや画角などにもかなりのこだわりが感じられます。

     この4人の他には、「SOTUS/ソータス」に“メイ”役で出演していたNeenが出演。「SOTUS/ソータス」の時もそうでしたが、今回演じるリンも一途で前に出過ぎず、でも作品に色を添えてくれるという、めちゃくちゃ、むちゃくちゃいい子を演じてます。メイもリンも、どうか幸せになってほしい!!!

    リン

     果たして、KhaiとThirdの未来は、幸せなのか、どうなのか…。前半も後半もずっと切なく苦しく、でも恋する素晴らしさや、愛おしさを全身で教えてくれる今作は、とても美しくてドラマティック。誰かを好きになることで、どんどん変化していく姿をOffとGunがエモーショナルに演じてくれているので、一気に観入ってしまうはずですよ。

     ちなみに後半で大事なシーンとなる駅は、バンコクのターミナル駅、ファランポーン。タイに行けるようになったらあそこに行きたいと誰もが思うはず…! この駅は移転のため、今年の11月には閉鎖されるんだとか。駅舎は博物館になる予定もあるということなので、どうかタイに行けるようになる時まで残っていることを祈ります!(Text ⇒ 吉田可奈)

    ・・・

    【Drama Information】

    「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」

    WOWOWにて放送中
    毎週木曜深夜0:00 ※2話ずつ放送

    ★「Theory of Love[特別編]:スタンド・バイ・ミー」も、4月に放送決定!

    全12話

    監督 ナッタポン・モンコルサワット
    出演
    サード:アタパン・プーンサワット(ガン) 、カイ :ジュンポン・アドゥンキッティポーン(オフ)、 トゥー:ナワット・プンポーティンガム(ホワイト)、ボーン:シナラット・シリポンシャワリット(マイク)
    ©GMMTV Company Limited

    ・・・

    【ライタープロフィール】

    吉田可奈(よしだかな)
    ⇒ エンタメ系フリーライター。B-PASS、awesome!、ファッション誌ほかで執筆中。『2gether』をきっかけにタイBLの沼にドボン。報告・連絡・相談がウルトラ下手くそなカップルに萌えますが、毎回テレビに向かって「LINE使って!」と叫んでいます。オススメのタイBL教えてください。
    @knysd1980(著書本「うちの子、へん?」発売中!!)
    https://www.amazon.co.jp/dp/4594084079/

    ・・・